きのこを食す

こんにちは(*^_^*)優子です。

私はきのこが大好きです。
冷蔵庫の中には必ずしいたけがあって、おいしそうなきのこをみつけると、つい手に取ってしまいます。

きのこは山の恵み。
現代は工場で栽培されているものも多いですが、山にしか生えないきのこもあるし、山に生えているきのこは香りや強さが違います。
そして、きのこは木と共に生きています。
菌糸を伸ばして木とつながり、根っこの一部のように働くことで木に栄養を送り、木は光合成で得た糖類をきのこに分け与えながら生きています。
上手に支えあってるところがかわいいですね。
ビタミンB群や食物繊維も多くて、身体のデトックスに欠かせません。

 

私が気に入っている食べ方は「蒸しきのこ」。

材料と作り方はざっとこんな感じです。

・しいたけ 1袋(8〜10個くらい)
・エリンギ 1パック
・えのき 1袋
・しめじ 1株
・塩 小さじ1くらい
・オリーブオイル 適量

①しいたけは薄切りに、エリンギは縦半分に切ってから斜めの薄切りにします。
えのきは他のきのこと長さを揃えて3等分くらいにしてほぐして
しめじは石づきを取ってほぐします。

②きのこを全部ボールに入れて、塩を振り、さっくりと混ぜ合わせて10分くらい置く。

③フライパンにオリーブオイルを熱して、きのこを入れ、蓋をして蒸し焼きに。
きのこから自然と水分が出てきます。
焦げないように、たまに混ぜ合わせて、全体がしんなりとしたら火を止めて、できあがり。

 

きのこはお好みで取捨選択。
これからの季節、いろいろなきのこがお店に並びますね。
舞茸やマッシュルームもおすすめ。
このまま食べたり、レタスやきゅうりとサラダにしたり、茹でたパスタと合わせたり。
きのこの自然な旨味がぎゅっと凝縮されています。

私は週に1回作り置きして、ほぼ毎朝、いただいています。
そのせいか、お通じがよかったりお肌が少し明るくなったり。
朝は忙しいですが、他のお野菜とともに自然の恵みをいただいているという思いを感じることもできます。

自分が口にしているものに目を向ける時間はなんとも言えないやさしい気持ちになれます。

皆さんも作って食べて秋を感じてみてくださいね。